60歳から医師の求人を探す時の見つけ方は

クリニックの外来担当や院長として

整形外科や一般内科等の診療科目に置くクリニックは、外来診療が担当になります。勤務日数は週4日という求人が多く、こういう求人では年齢制限が設けられていないです。クリニックによっては院長の候補を募集している所もあり、今までの経験を活かして勤務が出来ます。最近は訪問診療を行っているクリニックも増えていて、主に訪問診療を行うために外来診療を任せている所もあります。このために、医師の募集をしている所もあり、求人は探しやすくなっています。

老健施設から医師を募集する

老人保健施設での求人も増えていて、多い募集は一般内科や消化器内科や腎臓内科や循環器内科等の医師です。募集の年齢制限は、ほとんどない所が多くなっています。業務内容は入所者の健康管理や健診で、週4日の募集が多いです。勤務時間は9時から17時までの日勤だけになりますので、無理なく働ける所が多いために60歳からの働き方としては最適になります。施設も増えていますので、勤務地として考えに取り入れる事も1つです。

非常勤として勤務する

非常勤として勤務する選択もあり、週3日から働いている医師もいます。病院を手伝ったりして、のんびり働く方法もあります。外科医で視力が落ちた場合や、長時間の手術が耐えられなくなった場合は常勤ではなく非常勤を選ぶ医師も多いです。60歳でも医師なら募集している病院は多いですので、転職するのは難しくないです。特に常勤と比べると非常勤なら無理する事なく働けますので、自分の好きな勤務体制が選べるのも魅力的になります。

医師 転職で難しいのは、医師自身が学んだ大学病院などの医局を辞めるタイミングと口実です。恩師に退職を申し出るだけでなく、その後の関係もありますので、これが一番難しい部分です。