想像よりも大変!コンビニのバイトはレジ打ちだけじゃない!

基本のレジ打ち業務は覚える事がたくさん!

コンビニのバイトではレジ打ちは必須の業務です。コンビニに行った事がない方はほとんどいないと思います。コンビニでは商品購入時のレジ打ちだけではなく、宅配便の受付などもしなければいけません。タバコを扱っている店舗だったらタバコの銘柄を覚えないと、お客さんの購入時に探すのに時間が掛かってしまいます。その他にもチケット購入や公共料金の支払い、切手など様々な商品をコンビニは取り扱っています。そのため覚える事は多いです。

バイトでも商品発注!

レジ打ち以外にも清掃業務や商品の陳列を行います。コンビニは1日に数回商品が納品されます。賞味期限が近くなった商品は販売する事は出来ないため、商品のチェックも行います。バイトになれてくると、自分の陳列棚を任され、商品の発注や商品の配置を店長と一緒に考える事があります。発注業務では人気の商品を多く注文したり、在庫切れや賞味期限がきれて処分される事がない様に、責任を持って行わなければいけません。配置に関しても売れない商品を目立つ所にしたりと、工夫しなければいけません。

責任感を持って働く事が大事!

コンビニは高校生に人気のバイトですが、責任感がなければバイトを続ける事が出来ません。お金を扱う仕事ですし、スーパーの様にレジスターが自動でつり銭を出してくれるわけではないので、1円でも合わないと大変です。商品発注に関しても、自分が発注した商品が在庫切れや、賞味期限切れで処分にならない様にしなければならないため、売れ筋などを把握する必要があります。コンビニは大変なバイトですが、責任感を持つ事が出来るのでコンビニでバイトをする事はお勧めです。

コンビニのバイトは24時間業務がありますので、年齢や性別に応じて深夜・早朝勤務などにつくことで時給が上がり、昼間の仕事よりも稼げる場合があります。