CADの仕事についてのことを理解するのは

CADの仕事の将来性とは

これかCADの仕事はどんどん多様性が富むことが確実視されています。専門性も高くなっていくのです。つまりは、能力が高い人が喜ばれる、ということになります。それは当然のことではあるのですが、要するにCADを単純に使えるだけ、ということではなかなか仕事がない、ということになります。もちろん、図面、図形を描くことに非常に長けているツールですから、特に物造り業界において、CADはまさに必須であるといえます。

技術者はどこも欲しい

CAD技術者はとても沢山の求人があります。確実に必要になることは間違いないです。つまりは、仕事がなくなることはないのです。しかし、CADを使うことができる、という程度ではなかなか高い給料を貰うことができるような時代ではなくなっている、ということになります。最近では、普通の事務とCADオペレーターを一緒にやることがとにかく多く、CADだけやっていればよい、と言うことはなくなりつつあります。或いは極端に能力が特化しているか、ということです。

CADの専門性について

CADというのは、一時期、物凄く稼ぐことができる専門職として非常に人気があった仕事であり、今でも求人は多いです。別に資格がないとできないわけではないのですが、とにかくコンピュータ仕事ですから、少し前までは非常に難しいことであったわけです。専門性の高い図面を描くことが出来る人はそれだけで仕事になることもありますが、基本的には何か自分に更なる付加価値をつけることが必須になっています。最近では特に3DCADが重要視されています。そちらのほうの技術を得て、仕事を得ることです。

建設業界において、CADオペレーターの需要は高いです。資格を持っていると就職の際に有利にはたらきます。