子育てと仕事を両立するために気をつけるポイント3選!?

完璧にしなくても良いと割り切ろう?!

仕事をしているママは家事をして、子供の世話をして仕事に行き、帰宅後も食事の準備や子育てや家事に追われる毎日です。家事を全てこなそうとすると、ママはパニックになってしまうほど大変でしょう。後回しに出来るものは、休みの日にまとめてやったり、時間が空いた時に行うようにしましょう。後回しに出来る代表的なものは、掃除や洗濯です。掃除は子供が寝るところや食事をするところを最低限綺麗にしておけば良いでしょう。また、洗濯は毎日行わなくても、まとめて洗って干すことも可能です。

子育ては周りの人を積極的に頼ろう!?

家事は女性がするものだというイメージが強くある男の人が居ます。しかし、ママも仕事をしている場合、家事をすべて行う事は、とても大変で負担となります。旦那さんにはお互いに家事を分担したり、パパとして子育てに協力してもらうと良いです。また、実家の家族や義理の家族、親戚や近所の人に積極的頼りましょう。すべて1人でこなそうとせずに、頼れる事は頼って良いのです。イライラしたり落ち込んだりするよりも、周りに頼って穏やかに生活した方が、子供にとっても良い環境となるでしょう。

育児期間中は仕事の形態を変えよう?!

育児をすることになれば、独身で独り身の時の仕事内容をこなすのは、無理しなければ行けなくなるでしょう。企業によっては、子育て支援制度や育児休暇、育児中の短時間勤務形態などがあります。そのようなものがある場合は、積極的に利用すると良いでしょう。一時的には給与が減額されてしまうことがありますが、子育てをしている間は、無理しすぎて体を壊してしまわないようにしなければいけません。両立するためにも、給与は妥協することも大切です。

主婦のパートとは、様々な事情などで正社員として働けない場合の主婦の勤務形態です。時短勤務や出勤日数の調整で年間103万円の扶養控除を受けられる枠内での勤務が主流です。